着物の価格について

着物をクリーニング店へ出す時の注意点について

着物をクリーニング店へ出す時の注意点について 着物は普段はあまり着る機会が少なく、冠婚葬祭や卒業式などのイベントがある時にだけ着るという人が多いのではないでしょうか。
そうなると着物は長期間箪笥にしまっておくことになり、風を通さないので痛みやすくなってしまいます。
さらに少しでも汚れが付いていたりするとシミの原因になってしまうので、一度でも着た着物はクリーニングに出して清潔にしてから箪笥にしまうようにしましょう。
クリーニングに出すときに注意しなければならないのが素材で、最近はポリエステルなどの化学繊維のものも多くつくられていますがそれ以外は絹からつくられています。
絹はとてもデリケートな素材なので一般的なクリーニングと異なり、専用の洗い方が必要です。
最もよく行われる方法は京洗いと呼ばれるもので、特殊な洗剤を使い絹の風合いを壊さないように洗うことが出来ます。
しかし京洗いは油性の汚れは落とせますが水性の汚れは落としてくれないので、汗汚れは落としてくれません。
汗抜きやシミ抜きを併用して頼む必要があります。

花柄の着物について

花柄の着物について 着物の文様や柄には、縁起の良い吉祥文様、唐の文様を日本化した有職文様、季節の柄、花をモチーフにした柄、生き物の柄、古典的な柄など様々です。
そのうち、季節の柄にも花柄は含まれ、春には梅、桜、椿、牡丹、夏には藤、紫陽花、菖蒲、楓、秋には桔梗、撫子、萩、そして冬には菊があります。
花をモチーフにしたものは、花を元に独創的なデザインが表現されていて、辻が花、華文、花丸文、花の本などがあります。
辻が花は、室町時代から続く華やかな柄で、絞り染め本来の美しさを最大限生かした技法です。
華文は、花を抽象化して丸くデザインしたもので、花名がなく、なんとなく花の形をしたものを指します。
花丸文は、花樹や草花などの一枝一株を円形にまとめた文様で、菊、水仙、梅、椿、桔梗、燕子花などが代表的な優雅で古典的な文様です。
花の本は、本に花が描かれていたり、開いた本から花が溢れ出ていたりと華やかな柄です。
季節折々の花柄を実際の季節より一ヶ月ほど先取りして着ると粋ですし、着物だと季節感が出しやすいです。

新着情報

◎2017/6/26

夏の着物
の情報を更新しました。

◎2017/4/19

クリーニング店へ出す時の注意
の情報を更新しました。

◎2017/2/6

着物の価格について
の情報を更新しました。

「着物 合う」
に関連するツイート
Twitter

胸がないと潰さなくていいから楽だな。 元々着物合う胸元なんだもん。 何もしなくても帯に乗っからないもん。 あー控えめでよかった。 (号泣)

Twitter aisan6v6 美桜あい.*❀ - 2:13

リツイート 返信

RT @waterlily3150: 久々の新作を販売予定です🌸 これからの季節の 浴衣や七五三のお着物などにもおすすめです❤ 洋柄にも和柄にも合う帯留め ゴールドバージョンもあります! 販売期間は11月頃迄 creema・minne発売予定…

黒髪は何にでも合うよ…着物浴衣が合うのは断然黒髪

@ao_sy2 うちも一般家庭のはずなのに…おばあちゃんの収集癖が酷すぎて…着物屋並みの品揃えと画家並みの画材があるよ… 私足が小さすぎてあんまり合うサイズのサンダルがない笑笑

@ru_kaa2 着物だししょうないんだろうけども桁違いすぎるwwwそれに見合う方だってことでは!

昨日載せた着物合う髪型を考え中です。 pic.twitter.com/8mAPgHtUCW

Twitter K7U9k9VG0IUdRfL のぐっちゃん - 昨日 23:36

リツイート 返信

昨日載せた着物合う髪型を考え中です。 pic.twitter.com/syB69bjXmH

Twitter K7U9k9VG0IUdRfL のぐっちゃん - 昨日 23:36

リツイート 返信

RT @yanemint: 着物と帽子って合うびっくり豆千代モダン pic.twitter.com/QdMP6T4IYY

...寄せる。 リングならパワーは 心臓につながりココロに届く。 先日リフォームしたのは 結婚20周年の節目のかた。 今からは子供のセレモニーに 恥ずかしくない、 ドレスや着物合うデザインにと クラシック感がありながら オシャレにつけられるリングに リフォームさせてもらいました。 最高の日は イミテーションではなく 本物をつけたい。 ダイアモンド...

@kyouka4_ 大正は濡れた着物はどうやって乾かすんだろう。ぬいじゃう!?きぁー、ぬいじゃう!?素肌で温め合う!?

Twitter yuki_xx_o ユキシロ - 昨日 22:51

リツイート 返信